Research Achievements

学術論文

2022年度

  • Hiratsuka K, Tamiya T, Matsuoka S, Kimura K. Stroke impairment, balance, and cognitive status on admission predict walking independence up to 90 days post-stroke but their contributions change over time. Int J Rehabil Res. 2023. 46:61-69. (IF 1.479)
  • Kobayashi E, Hiratsuka K, Haruna H, Kojima N, Himuro N. Efficacy of Knee-Ankle-Foot Orthosis on Functional Mobility and Activities of Daily Living in Patients with Stroke: A Systematic Review of Case Reports. J Rehabil Med. 2022. 7;54. (IF 2.912)
  • 千葉智博,成田大一,渡邉誠二,野見山早苗,加治屋健太朗,下田浩:ヒト毛細リンパ管と集合リンパ管の配向性について.リンパ学.2022.45:32-34.
  • 古館裕大成田大一,千葉馨,浜克己,石田裕二,本間哲:リハビリテーション養成校における医療ICT教育の取り組みと効果.道南医学会ジャーナル.2022.5:54-57.

2021年度

  • Furudate Y, Arai T, Chiba K, Ishida Y, Mikami S. Robustness of Hand Motor Function Evaluation System on Home Rehabilitation Device. 2022 IEEE 4th Global Conference on Life Sciences and Technologies (LifeTech), 2022. 107-108.
  • Narita T, Chiba K, Ishida Y, Furudate Y, Mikami S. Direct Finger Illumination Method for Biofeedback of Involuntary Movement for Rehabilitation Assist Device. 2022 IEEE 4th Global Conference on Life Sciences and Technologies (LifeTech), 2022. 109-111.
  • Ijima Y, Furudate Y, Chiba K, Ishida Y, Mikami S. Automated Recognition of Off Phenomenon in Parkinson’s Disease During Walking. 2022 IEEE 4th Global Conference on Life Sciences and Technologies (LifeTech), 2022. 273-275.
  • 古館裕大,千葉馨,石田裕二,三上貞芳:片麻痺を対象とした家庭用手指リハビリテーション機器における手指運動機能の自動評価.ライフサポート.2021.33(2):67-76.

proceedings

2022年度

  • 古館裕大,千葉馨,平塚健太横山寛子,石田裕二,三上貞芳:聴覚フィードバックによる在宅用立ち上がり動作訓練システムの開発 -立ち上がり動作訓練の目標となる健常若年者動作モデルの構築-.LIFE2021-2022.

学会座長

2022年度

  • 成田大一:第27回日本基礎理学療法学会学術大会(大阪)
  • 成田大一:第75回道南医学会大会(函館)
  • 平塚健太:第20回日本神経理学療法学会学術大会(大阪)
  • 平塚健太:第73回北海道理学療法士学術大会 (旭川)
  • 外舘洸平:第20回日本神経理学療法学会学術大会(大阪)

2021年度

  • 古館裕大:2022 IEEE 4th Global Conference on Life Sciences and Technologies (LifeTech)(Osaka)
  • 成田大一:第74回 道南医学会大会(函館)

外部資金

  • 古館裕大:科学研究費助成事業 若手研究.研究代表者.「筐体と訓練をカスタマイズして分離運動の再獲得を図る家庭用片麻痺手指リハロボット」(R5~R7年度)
  • 成田大一:科学研究費助成事業 基盤研究(C).研究分担者.「脳梗塞麻痺モデルに対するMuse細胞移植とリハビリテーション併用による神経再生治療法の構築」(R5~R7年度)
  • 古館裕大:科学研究費助成事業 基盤研究(C).研究分担者.「剛体リンクのジャミングによる頑健な受動的把持を実現するロボットハンド・脚足部機構」(R4~R6年度)
  • 成田大一:科学研究費助成事業 基盤研究(C).研究代表者.「リンパ管網含有立体ヒト皮膚モデルを用いた超音波による新規リンパ浮腫治療法の開発」(H31~R4年度)