Health Science

研究員

平塚 健太

生体医工学研究センター研究員 理学療法学科長 平塚 健太 Kenta Hiratsuka

学位
修士(リハビリテーション科学)
資格
理学療法士
認定理学療法士(脳卒中,管理・運営,学校教育)
専門
神経障害理学療法
email
hiratsuka[at]hma-ns-reha.ac.jp

主な研究内容

脳卒中者に対する歩行と予後予測

脳卒中者において歩行能力の向上や歩行獲得は主要な目標の1つとなっております。歩行再建に向けた介入効果やメカニズムの検討や、脳卒中後の予後予測を検討し、介入方針をサポートすることを目指して研究をしております。

主たる論文

  • 脳卒中患者における発症15日後の歩行自立因子とその相互関係, 理学療法科学, 2021, 36 巻, 3 号, p. 361-367
  • Efficacy of Knee-Ankle-Foot Orthosis on Functional Mobility and Activities of Daily Living in Patients with Stroke: A Systematic Review of Case Reports. J Rehabil Med. 2022 Jul 7;54:jrm00290.
  • Stroke impairment, balance, and cognitive status on admission predict walking independence up to 90 days post-stroke but their contributions change over time. Int J Rehabil Res. 2023 Mar 1;46(1):61-69.

研究員

鈴木 康裕

生体医工学研究センター研究員 医療教育研究課長 鈴木 康裕 Yasuhiro Suzuki

学位
博士(医学)
資格
理学療法士
認定理学療法士(代謝)
糖尿病療養指導士
専門
内科系、疫学
email
suzuki[at]hma-ns-reha.ac.jp

主な研究内容

 軽度認知症障害の早期発見を実効性の高い形で実現することを目指し、バランス能力に着目した計測指標を構築している。そのコンセプトを実装するために、バランスWiiボードを用いて本指標を計測できるソフトウエアを考案し、その社会実装を目指している。

研究の様子01
研究の様子02

研究員

千葉 馨

生体医工学研究センター研究員 作業療法学科長 千葉 馨 Kaori Chiba

学位
博士(システム情報科学)
資格
作業療法士
専門
身体障害領域の作業療法
email
chiba[at]hma-ns-reha.ac.jp

主な研究内容

研究の様子01

脳卒中片麻痺手指の家庭用治療ロボットの提案と開発をはじめ、医療ICTの活用を視野に入れた函館市在住の60歳以上の人々の健康づくりをテーマに調査・研究を行っています。

研究の様子02
研究の様子03

研究員

山田 竜大

生体医工学研究センター研究員 山田 竜大 Ryuta Yamada

学位
学士(作業療法学)
資格
作業療法士
認知矯正療法士
専門
精神障害
email
yamada[at]hma-ns-reha.ac.jp

主な研究内容

研究の様子01

作業機能障害とは、日々の生活行為を適切にやり遂げられない状態を指す作業療法の一つの概念です。これまでの研究で作業機能障害は日常生活に影響を与えることがわかっています。
私の研究では高齢者の健康に作業機能障害がどのような影響を及ぼしているのかを、疫学研究を通して明らかにすることを目指しています。

研究の様子02
研究の様子03